プラズマ

乳酸菌で腸内環境を整えよう

人間の腸内には3種類の菌がいるとされています。
善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つです。
日和見菌は聞きなれない菌ではありますが、普段健康であれば無害なのです

が、悪玉菌が増えるとその動きが活発になり、悪玉菌と似たような活動をして、減ると活動がおさまるという特徴をもっています。
悪玉菌優勢になるとアンモニアなどの有害ガスが発生し、腸から血液を通じて全身に回ってしまうため、頭痛などの体調不良の原因となってしまいます。
そして、ストレスの多い生活も悪玉菌優勢の原因のひとつとなるため、常に乳酸菌を摂取することが必要となるわけです。

乳酸菌は善玉菌優勢の状態をつくり、悪玉菌の動きを弱めてくれる働きをもちます。
胃酸で乳酸菌が死んでしまうこともよく言われますが、たとえ腸に届く前に死滅したとしても、その死骸も善玉菌のえさになるので決して無駄にはなりません。
そして乳酸菌は腸内の状態を酸性に保ち、病原菌を侵入を抑えてくれるのです。

そのため、腸内まで無事に届くタイプを選ぶことが重要とされています。
ヨーグルトであればプロバイオティクスがよりよいと言われています。
なぜなら、プロバイオティクスは胃酸に強く、腸まで届くというだけでなく、腸内でさらに増殖する生きた細菌とされているからです。

サプリメントであれば、植物性乳酸菌がよいとされています。
植物性乳酸菌とは漬物、みそ、しょうゆなどの発酵食品の中に存在するもので、動物性のものより種類も多く、強い菌として注目されている乳酸菌です。
生きて腸まで届く確率が高く、さらにがんの抑制にも効果があるとされています。
これらをうまく活用して腸内環境を整えていきましょう。
乳酸菌の仕組みについても参考にご覧ください。