プラズマ

プラズマ乳酸菌の効果って?

よく風邪をひくと、次にはかかりにくいということを聞くと思いますが、それは実は厳密にいうと間違いです。
人間の体に入ってくるウィルスはいつも同じとは限りません。
違う種類のものがはいってくれば対応できないのです。

そのために自己治癒力、つまりは免疫力アップが大事とされているわけです。
それでは免疫力アップするにはどうしたらいいのでしょうか。
そこで登場するのが今回のプラズマ乳酸菌というわけです。

ウィルスとたたかう免疫細胞に指令を出す、pDC(プラズマサイトノイド樹状細胞)という細胞があり、普段出番がないときは眠っている状態です。
そこで、プラズマ乳酸菌をとると、pDCの動きを活性化するため、ウィルスがいるいないにかかわらず、常に細胞の力を強くして、ウィルスの侵入を防ぐという役割を果たしてくれるわけです。
もともとヨーグルトやチーズなど乳製品の発酵に使われていた自然な乳酸菌だったのですが、いままでその効果がよくわかっていませんでした。

それが企業の研究により、健康効果がわかるようになり、今に至るわけです。
風邪だけでなく、インフルエンザにも一定の予防効果があるとされ、予防接種だけでは防ぎきれないところを補う役割があるという意見もあります。
摂取しやすい清涼飲料水タイプのドリンクも冬季限定ではありますが販売されるようになり、より身近な存在になっています。
いろいろな種類の乳酸菌についても参考にご覧ください。