プラズマ

乳酸菌でおなかの調子を整える

ある調査では20代から40代女性の半数以上が便秘、おなかの張り、下痢などの悩みを抱えているとの結果が出ています。
それだけいろんな人がおなかの悩みをかかえているのです。
腸内環境を整える整腸作用はビフィズス菌と乳酸菌が活躍しますが、実際に悪玉菌を殺菌する作用をもつのはビフィズス菌とされています。

乳酸菌はそのビフィズス菌のサポート役をしています。
乳酸菌と食物繊維を組み合わせることがいいことはご存知の方も多いことですが、実は下痢予防と便秘予防ではとっていい食物繊維の種類が違います。
下痢予防には水溶性食物繊維がいいとされています。

いわゆるヌルヌル、ネバネバと呼ばれる特徴をもっています。
わかめなどの海藻類、こんにゃく、山芋、里芋、果物、抹茶粉末、ピュアココア(糖分の入っていない純ココア)納豆などが挙げられます。
便秘予防には不溶性食物繊維がいいとされ、野菜、穀類、いも、果実、玄米、ふすま、米みそ、大豆、小豆などの豆類、きのこ類に多く含まれています。

料理が苦手なひとでも簡単に乳酸菌と食物繊維をとる方法もあります。
ドラッグストアで買えるコーンフレークです。
その中でもオールブラン、玄米フレークと書かれているものがおすすめです。

オールブランとは、食物繊維が多い小麦の外皮(ブラン)をフレークにしたもので、ヨーグルトや牛乳と組み合わせてとるとよいとされています。
玄米フレークとは、玄米をフレークにしたもので、食物繊維だけでなく、ビタミンやミネラルなどの栄養分もバランスよくとれます。
この他にもドライフルーツなどが入ったフレークに乳酸菌を合わせてみるのもいいでしょう。
ドライフルーツも栄養価が高く、バナナ、りんご、あんず、ブルーベリー、いちじく、クランベリーなどが食物繊維が多く人気の高いフルーツです。

ヤクルトなどの乳酸菌飲料も手軽に乳酸菌が摂れるのでおすすめです。
みなさんも乳酸菌で健康生活はじめてみませんか。

毎日食事から必要量の乳酸菌が摂れない場合は、乳酸菌サプリメントを活用してみてはいかがでしょうか?
食事とサプリメントを上手く組み合わせて、腸内環境をキレイな状態に保ちましょう。

ダイエットにがんばっている女性の方必です!
乳酸菌は健康的なダイエットに効果的のようです。
辛い運動や食事制限はやめて、これからは健康的に痩せてみませんか?