プラズマ

乳酸菌は毎日摂らないと意味がない!

腸内環境を整えるということで有名な乳酸菌ですが、これは毎日とらないと意味がないといわれています。
それはなぜでしょうか?その理由を以下にあげてみます。
まず抗生物質などと違って即効性があるわけではない。

腸内にもともといる善玉菌はとても数が少ないため。
油断するとすぐに悪玉菌に負けてしまうという性質をもっています。
乳酸菌がいつまでも腸にとどまることができないため。

胃酸に負けずに腸に届く乳酸菌は開発されてはいるものの、不死身の乳酸菌はまだ開発されていません。
こういった事情のため、毎日乳酸菌をとりましょうとしつこいくらい言われている訳です。
では、具体的にはどのくらいの量を毎日必要としているのでしょうか。

実験データによると1日1兆個の乳酸菌が必要とされています。
市販されている乳酸菌入りドリンクは100mlで10億個程度摂取できるとされていますので、単純計算で10リットル摂取しないといけないことになってしまいます。
さすがにそんなに飲み続けることは不可能ですので、サプリメントや医薬品で足りない分を補うのがいいでしょう。

サプリメントや医薬品もさまざまありますが、含有量はメーカーによって違うため、きちんと確認したうえで活用したいものです。
ヨーグルトは温めて摂取しても乳酸菌が死滅することはないとされているので、たくさんとると体が冷えるのが心配というひとはホットヨーグルトにしてもいいでしょう。
たとえ1兆個という数字に達しなかったとしても、毎日少しずつでも継続して乳酸菌を摂取することが大事だとされています。