プラズマ

乳酸菌サプリメントが身体にいい理由

サプリメントが体にいい理由はなんでしょうか。
まず、ヨーグルトなどには乳酸菌だけでなく、脂肪や糖分などほかの成分も含まれているため、たくさん取りすぎると健康を害する可能性もあるこということでしょう。
サプリメントの場合は必要のない成分は含んでいないため、効率よく摂取できます。

また、胃酸によって乳酸菌が腸に届く前に死滅してしまうことがよく知られていますが、カプセルや錠剤タイプのサプリメントは乳酸菌をコーティングすることによって腸まで届けることを可能にしています。
生きたままの状態で腸に届き、作用するためより効果が高いのです。
ではなぜ、生きたまま届くことが大事なのでしょうか。

それは生きた状態の乳酸菌でないとできないことがあるからです。
乳酸菌は腸に届くと、糖分を分解して乳酸と呼ばれる酸を作り、悪玉菌を減少させます。
さらに悪玉菌が働いて腸内にたまった老廃物を外に排出させる働きもあります。

また、乳酸菌は数だけでなく、複数の種類を摂取すると相乗効果で健康効果がアップするといわれています。
乳酸菌が1種類だけだと身体が慣れてしまって効果が薄れてしまうこともあるようです。
そして、乳酸菌はサイズにもこだわりたいものです。

ナノ型乳酸菌と呼ばれる直径が1ミクロン以下であり、水に溶けたときにバラバラになるよう加工された殺菌済み乳酸菌のことです。
サイズが小さいほうが体内に吸収されやすいため、体質改善、免疫力アップ、老化防止などの効果が期待できます。
殺菌された乳酸菌であっても、ビフィズス菌を増やす効果はあるため、有効に働きます。
こういった効果をすべてかなえてくれるため、サプリメントは便利なだけでなく、身体にいいといえるのです。
乳酸菌の人気製品ランキングがhttp://x-wrt.org/乳酸菌サプリランキング.htmlで紹介されているので、購入を考えている方は参考にしてみてください。