プラズマ

意外と知らない乳酸菌の種類と効果

LG21という言葉を聞いたことがある人もいるかと思いますが、このLG21はもともと身体の中にいる種類で、胃がんの原因になるというピロリ菌を撃退する効果があるということで注目を浴びています。
また、乳酸菌は歯周病にも効果があるといわれています。
歯の付け根部分にたまるシンジバーリス菌とよばれる菌によって歯周病が起こるのだが、乳酸菌はこの菌を攻撃して歯周病を予防してくれるのです。

砂糖の入っていないプレーンヨーグルトをハブラシにつけて歯を磨くといいとされています。
歯周病とつながりのあることとして、乳酸菌による口臭予防もできるとされています。
乳酸菌LS1は口の中で働くもので、ほかの乳酸菌とは働きが違うようです。

歯科用のオーラルヘルスタブレットと呼ばれるものが市販されていて、1000円から2000円前後で手に入れることができます。
口の中のネバつきがすっきり抑えられるようです。
そして、最近注目を浴びているのが、BG(バイオジェニック)乳酸菌と呼ばれているものです。

自分の腸の中にいる乳酸菌を増やす作用があるとされています。
これを摂取することにより、腸内環境改善アレルギー疾患や月経前症候群の緩和にも役立つことが報告されています。
サプリメントやドリンクなどが通販で販売されているようです。

おもしろいものでは、このBG乳酸菌がのどあめになっていたり、ペット用のものもあるところです。
このBG乳酸菌の液体上のものをえさや水に混ぜるだけ。
もはや人間だけでなく、犬や猫にもあげるといった動きがあるようです。
みなさんも乳酸菌で健康生活始めてみませんか。