プラズマ

動物性の乳酸菌と植物性の乳酸菌のちがい

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いとはなんでしょうか。
動物性乳酸菌はヨーグルトやチーズなどの乳製品に生息している乳酸菌のことをいいます。
この乳製品の中にある乳糖をもとに、乳酸を作り出します。

以前は乳酸の蓄積は疲労のもとと敬遠されていましたが、今はエネルギーのもと(グリコーゲンといわれています)に変えることができることがわかってきました。
そして、最終的には二酸化炭素に変化して消費できるといわれています。
動物性乳酸菌で代表的なものブルガリア菌 整腸作用 有害物質の抑制LG21乳酸菌 ピロリ菌撃退ビヒタスBB536 抗アレルギー効果ガセリ菌SP株 メタボ解消効果など、ヨーグルトなどに含まれるものが多く、よく店頭で見かける商品も多数あります。

植物性乳酸菌は味噌や漬物などに使われる、野菜や大豆、を発酵させたものに生息しているとされています。
動物性は栄養豊富な場所でないと生息できないとされていますが、植物性は栄養分があまりない過酷な場所でも生き抜く力があるということで近年注目されています。
植物性乳酸菌で代表的なものラクトバチルス・プランタラム 漬物、キムチ、ピクルスなどの製造に使用ラクトバチルス・プレビス漬物、キムチの香りづけに使用テトラジョノコッカス・ハロフイルス味噌の製造に使用、耐塩性ありラブレ菌正式名称、ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス。

すぐき漬けから発見。
免疫力向上最近ではラブレ菌をヨーグルトにいれていることもあるようです。
それぞれの働きを理解して、理想なのは動物性も植物性も両方とることだとされています。