プラズマ

乳酸菌はどんな菌なの?

主な乳酸菌の働きをここでまとめてみたいと思います。
腸内で悪玉菌が増えると有毒ガスを発生するだけでなく、発がん物質を作ってしまう困った菌なのです。
乳酸菌はこういった悪玉菌を減らし、ビタミンをつくりだし、腸の蠕動運動(腸の押し出し運動)を促進することにより、健康効果をもたらすといえます。

しかし、食べ物やサプリメントで摂取しても、腸内で一定の働きをしたあとには排泄されてしまいます。
なかなか腸の中で定住というのは難しいのです。
腸の中で定住しているビフィズス菌も年齢を重ねることによって徐々にその数を減らしてしまいます。

そのため、自分で気を付けて毎日摂りましょうというわけです。
乳酸菌を大きく分類すると動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分類できます。
動物性はヨーグルトやチーズなどの乳製品、発酵した肉や魚(ひものなど)がそれにあたります。

有名なものとしては、くさや、鮒寿司、シュールストレミングがあります。
シュールストレミングとはスウェーデンのにしんの塩漬けを発酵させたもので、世界一臭い食べ物と呼ばれています。
植物性は動物性よりも過酷な環境でも乳酸菌が生き続けることが特徴です。

みそやしょうゆ、漬けものや、日本酒など日本古来の食べものがそれに該当します。
植物性乳酸菌の方が、胃酸などにも強く腸まで生きたまま届くといった強さがあるため、最近注目を浴びるようになり、サプリメントやヨーグルトにも配合されるようになりました。
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌を合わせて摂取することでより整腸効果、美肌、殺菌効果が見込めるようです。

↓乳酸菌選びのポイント