プラズマ

乳酸菌とビフィズス菌ってどう違うの?

同じ善玉菌と呼ばれる乳酸菌、ビフィズス菌ですが一体どう違うのでしょうか。
それぞれの特徴を以下にまとめてみました。
乳酸菌
摂取方法
乳製品などの発酵食品・サプリメント
体内での生息場所
小腸
性質
酸素があるところで生きることができるが、小腸にいつまでもいることはできないので、補う必要がある。

作り出す物質
乳酸
ビフィズス菌
摂取方法
サプリメント 一部のヨーグルト
体内での生息場所
大腸
性質
もともと人間が生まれたときから体内に腸内ビフィズス菌というものが住み着いている。

外から摂取したものについては乳酸菌同様、外に排出される。
作り出す物質乳酸 酢酸この二つを見比べてみてすぐにわかることは、生息場所が違うということです。
乳酸菌は酸素があるところでも生息でき、ビフィズス菌は酸素があることろで生息できないため、一般的な食品には含まれていません。

大腸はほとんど酸素がないため長いこととどまることができるのです。
このため、市販のヨーグルトでビフィズス菌が入っているものは後から独自の技術でビフィズス菌を追加させているのです。
最初からはいっているわけではありません。

また、作り出す物質が違うというのも大きな特徴です。
ビフィズス菌は酢酸という物質を作り出し、これは殺菌作用が強いことで知られています。
悪玉菌を減らすだけでなく、腸内に壁を作り、出血性大腸菌O-157の感染を防いでくれます。
そのため、ヨーグルトにビフィズス菌入りのものが多いのは、これらの殺菌作用を期待してといえるでしょう。
このような違いがあるものの、両方ともブドウ糖を消費して繁殖して、善玉菌を増やすといった基本的な働きに関しては一緒であるといえます。